2019.04.05

  • 商品紹介

3月のONLINE SHOP
人気のBEST5を発表

  • mail
  • facebook
  • twitter
  • google+
  • pintarest
  • link

4月より新年度がスタートしました。

 

そして、多くの国民が注目する中、新元号「令和」が発表されましたね。
5月からの変更となりますが、早くも巷では様々な盛り上がりを見せています。

 

今年は東京都内でも開花宣言がされてから、寒の戻りがあったり、
花散らしの雨がそれほど降らなかったりと、桜が未だ見頃を保っています。

 

毎年の恒例行事ではありますが、昨年と比較するとかなり
長い間咲いてくれている印象ですので、まだまだお花見行事は続きそうです。

 

そうなると、ご自宅からお弁当を持参したり、ケータリング、
ドリンクをご用意されてる方も多いはず。
今回は、そんなお花見シーズンや、新生活にも役立つアイテムが
いくつもラインナップされている3月のONLINE SHOP 人気ランキングです。

 

お出かけも多い季節、持ち歩くアイテムで気分を変えながら楽しい春イベントを満喫しましょう!

 

それでは第5位からの紹介です。

 

第5位

Mini Tank White

ONLINESHOP

 

フードコンテナーとして展開していた、Tunk(0.5L)を0.3Lにサイズダウンした、Mini Tank。

 

もともと容量が多くて好評だったTunkが0.3Lサイズになったことで、
使い勝手や持ち運びが便利になりました。
スプーンが底まで入る嵩なので、残さず掬えます。

 

そして、このTankシリーズは口が広いことで様々な種類のフードが入れられます。
スープやリゾット、そして具材の大きなシチューなどにも対応可能です。

 

お花見のような、みんなで少しずつ色々なものを食べたい、
というようなシチュエーションには最適なモデル。
冷たいデザートが入っていても喜ばれそうですね。

 

サイズダウンしたことで重量も小さくなり、携帯するストレスも軽減されており、
特に女性のランチ用としても人気急上昇中のアイテムです。

 

<スペック>
容量 : 0.3L
直径 : 100mm
高さ : 110mm
重量 : 320g

 

<材質>
本体 : 18-8ステンレス
中栓 : ポリプロピレン
パッキン : シリコーンゴム
フタ : ポリプロピレン

 

※真空2重構造

 

ONLINESHOPはこちら

 


第4位
Urushi Makie Tumbler 波千鳥 朱
ONLINESHOP

 

漆塗りの上に蒔絵で「波千鳥(NAMICHIDORI)」文様を施したモバイルタンブラー ミニです。

 

波は夫婦円満・家内安全を表し、千鳥は勝運祈願と縁起のいい文様です。

 

鞄に入れて持ち運んでも安心の密閉タイプ。

漆のシリーズは、他のデザインと比較しても圧倒的な存在感です。

 

根強い人気があり、特に<漆塗り>という伝統的技法のエントリーモデルとしても人気があります。

年々日本の文化が評価されていく中、thermo mugも日本発のブランドとして、
引き続き新しい独自の視点で魅力的な商品を作り続けていければと思っています。

 

<スペック>
容量:300ml
直径:97mm
高さ:138mm
重量:240g

 

<材質>
本体:18-8ステンレス
フタ:ポリプロピレン

 

※真空2重構造

 

ONLINESHOPはこちら

 


第3位
Double Mug White
ONLINESHOP

 

マグカップシリーズで唯一の真空二重構造を採用したアイテム。

 

ベーシックなデザインだからこそ、機能性を。
痒いところに手がとどくような商品であるのも、thermo mugの特徴です。
デイリーに使用するからには、様々なシチュエーションに対応できることが大切です。

 

毎日のデスクの上、来客時、そしてコースター要らず。
ホットでもアイスでも、中に注いだドリンクの状態を最適に保つ真空二重構造です。

 

紙の資料を広げたテーブルで下を濡らすことなく、コースターを敷く必要もありません。
また、移り変わりの激しい春の気候の来客時にも、ホットドリンク、コールドドリンク両方の対応が可能。

 

ホットなら暖かさをキープし、コールドなら水滴に悩まされる心配も無用です。

 

<スペック>
容量 : 0.3L
直径 : 89mm
高さ : 104mm
重量 : 230g

 

<材質>
本体 : 18-8ステンレス

 

※真空2重構造

 

ONLINESHOPはこちら

 


第2位
Mobile Tumbler Mini Leading Red
ONLINESHOP

 

「ありそうでなかった」TO GO CUPモチーフの、鞄に入れて持ち運んでも安心の密閉タイプ。

 

人気アイテムMobile Tumbler Mini。
特に最近ではヴィヴィッドな赤が人気急上昇。

 

<スペック>
容量: 300ml
直径: 97mm
高さ: 138mm
重量: 240g

 

<材質>
本体: 18-8ステンレス
フタ: ポリプロピレン

 

※真空2重構造

 

ONLINESHOPはこちら

 

4位のUrushi Makie Tumbler 波千鳥 朱も赤系のカラー。

 

新元号の発表が各方面で話題を独占していただけに、
5位〜2位までのランキングが”紅白”になったのは偶然ではないかもしれませんね。

 

ということで、突然ですが皆様は日本の国旗の由来ですがご存知でしょうか。

 

諸説あるそうですが、お馴染みの紅白カラーが日本でめでたいものとされており、
伝統色になっているから、という理由が有力のようです。
ちなみに赤は「博愛と活力」、白は「神聖と純潔」を意味するとも言われています。

 

結婚式やお祝い事でも”紅白”の組み合わせのもの、沢山見ますよね。

 

そしてもう一つの説は、英語で表記すると「The rising sun flag」
となることからわかるように、太陽を表していると言うもの。
日本には、昔から自分の国を”日出ずる国”とする考え方があり、
赤い日の丸は大切な存在である太陽を象徴したものになったとか。

 

 

そう考えると、白系と赤系の人気は、日本人の心の中にあるマインドから
自然と求めてしまう色なのかもしれませんね。

 

新元号の発表があったので、少し我が国の歴史に触れてみました。
ぜひ縁起の良い”紅白”カラーのアイテムで、新しい時代を迎えてみてはいかがでしょうか。

 

 

そして、最後に3月のランキング第1位は

 

 

第1位

ALF Animal Bottle Weave Red Blue

ONLINESHOP

 

オールザフルーツ(ALL THE FRUITS)のアニマルボトルコラボレーションアイテムでした。

 

All The Fruits はロンドンで結成され、現在はイタリアのボローニャを拠点にしている
多角的なクリエイティブスタジオです。
イラストレーターのStephen CheethamとインテリアデザイナーのJessica Pinotti、
お互いのスキルの組み合わせに可能性を感じAll The Fruitsを立ち上げました。

 

こちらのデザインスタジオはテキスタイルのデザインなども手がけるなど、数多くのクリエイティブを担当。
いつものアニマルボトルが、より一層スタイリッシュに見えてくるはずです。

 

<スペック>
容量:380ml
直径:60mm
高さ:150mm
重量:160g

 

<材質>
本体:18-8ステンレス
飲み口:ポリプロピレン
フタ:ABS樹脂/ポリプロピレン

 

ONLINESHOPはこちら

 

 

※オンラインショップも随時更新中です。
ONLINESHOP

 

さらに、昨年オープンした〈thermo mug 日本橋(サーモマグ 日本橋)〉では、
ここでしか手に入らない商品や期間限定イベントなども予定しております。

 

thermo mugの世界観を、実店舗ならではの「見て、触れて、体験して」頂ける場所ですので、

お近くにいらっしゃった際には、ぜひお立ち寄りください。

 

thermo mug 日本橋(サーモマグ 日本橋)

住所:〒103-6104 東京都中央区日本橋2-5-1

日本橋髙島屋S.C. 新館 4階

電話番号:03-6265-1101

営業時間:10:30~20:00

SHARE THIS ARTICLE

  • mail
  • facebook
  • twitter
  • google+
  • pintarest
  • link

Related entry 関連記事